주메뉴 바로가기 본문 바로가기

霊光郡の位置

霊光郡の位置
大韓民国全羅南道に位置し、東経126°39'~125°59'と北緯35°10'~35°26'に位置し、四季を通して温和な気候を形成している。霊光郡は国土開発において、ソウル・木浦を連結する西海岸開発の中核に位置し、西海岸時代の到来において開発潜在力が大きな地域に属する。

地形・地勢

地形・地勢
霊光郡は全体的に中央に広い平野地帯が広がり、東西両側は山岳地形なす地形で、郡の地形・地勢が明確に三等分されている。中央の平野地帯は土壌が肥沃で、農耕に適した緩やかな丘陵地に畑が多い穀倉地帯をなしており、白岫・塩山海岸は干潟地が発達して開発潜在力が大きい。

地質

地質
霊光は降雨により風化・侵食しやすい地質であるため、鉱物資源は貧弱だが、長い間の侵食と排水を経て壌土の面積は全体耕地の65%に達する。しかも、塩山地域には砂質土が広く発達し、昔から韓国の主な塩産地として脚光を浴びてきた。

気候

気候
霊光の気候は大陸と海洋の影響を同時に受ける南部西岸型に該当し、寒暑寒暖の差が大きく、冬に寒い大陸性気候を示す。しかし、冬は快晴が多く、夏は比較的涼しく、海水温度も年平均12℃が維持されて、人間の生活に適した気候環境を備えている。したがって、霊光は内陸より不快指数が少なく、休養地としての自然環境を具備しており、海水の垂直的循環で赤潮が発生せず、韓国の主な漁場の一つである七山の海など健全な生態系と豊富な漁場を有している。

生態資源

生態資源
霊光は秀麗な山河と海、干潟と島を持つ天恵の地形をなす。これを背景に、霊光には絶滅危機品種の生物が多数生息しており、現在、七山島は絶滅の危機に瀕した貴重な鳥の繁殖地として世界的に注目される自然生態系をなしている。このような自然環境を備えた霊光は、自然生態系の宝庫であり主な学術資料として活用されている。